山陰堂の和菓子「薯蕷饅頭」と「蒸しどら」

山陰堂の薯蕷饅頭と「蒸しどら」

山陰堂の薯蕷饅頭と「蒸しどら」

山陰堂の和菓子は『舌鼓』が有名だけど、今回紹介するのは、弔事用かもしれないけど、緑色の薯蕷饅頭。 緑色の薯蕷饅頭は、ちょっと甘いけど、柚子が入っている白餡。 柚子の香りがいい。 白の薯蕷饅頭は黒のこし餡。 1つから購入できる。

後ろに写っているのは、「蒸しどら」というもの。 初めて見た。 黒糖の生地で、中に求肥が入っている。 その他、色んな和菓子が売っている。 どれも美味しいよ。

山口県の銘菓「利休饅頭」

風月堂の利休饅頭

風月堂の利休饅頭

利休饅頭も山口県ではお土産の定番。 上の写真は、宇部市の風月堂の利休饅頭。

その他、吹上堂や小川蜜カス本舗などが、利休饅頭を出している。

利休饅頭は、白餡と黒餡の2種類。 一口サイズなので、ちょっとしたおやつにいい。

パクパクといくらでも食べられる。

利休饅頭は、お土産屋さん等で売っている。 比較的手に入り易い。

山口県の銘菓「外郎」 お土産にどうぞ!

山口県の銘菓「外郎」

山口県の銘菓「外郎」

山口県の外郎はわらび粉でできていて、もちもちしている。 外郎を作っているお店はたくさんあり、また種類も豊富。 全ての外郎を制覇するのは、なかなか難しい。

どのお店でも、日持ちしないが生外郎の方が美味しい。

外郎の有名どころは、豆子郎・御堀堂・田原屋・本多屋・萩乃・松田松栄堂などなど。

上の外郎は、田原屋の「大内外郎」(生外郎)と最中。 生外郎は、もっちもちで美味しい。 写真の生外郎は豆が入っているが、豆が入っていない生外郎もある。
最中は、黒餡と白餡の2種類。 甘みが控えめで食べやすい。

外郎でデザート

外郎でデザート!

外郎を使って、デザートを作ってみた。 外郎は一口大の大きさに。

下には寒天と果物が入っている。 寒天は、前の日の晩にささっと作っておいた。

色んな種類の外郎と白玉団子、そして抹茶アイスをのせ、小豆あんをかけた。

少し手間を加えると、立派なデザートに変身。 外郎がお餅みたいで絶品。

外郎は、シロップにくぐらせておくと、お互いくっつきにくい。

山口市にある風月堂の銘菓『大理石』

風月堂の銘菓『大理石』

風月堂の銘菓『大理石』

風月堂の「大理石」という名前の和菓子。 見た感じはまさしく大理石。 職人技を感じる。 1本から売っていて、日持ちはする。

大理石は、淡雪かんと抹茶の羊羹を合わせたもの。 銘菓と言うだけあって淡雪かんと羊羹の割合が絶妙。 今までに食べたことがない食感。 上品な味で美味しい。

山口市の風月堂でしか売っていない。 日持ちするので、お土産にいい。

風月堂は、一の坂川を1本隔てた八坂神社の斜め前にある和菓子屋さん。 横に駐車場が有る。 定休日は日曜日。

« 前ページ次ページ »