山口県旧県会議事堂 【重要文化財】

山口県旧県会議事堂 【重要文化財】

山口県旧県会議事堂

旧県会議事堂とその隣にある旧県庁舎は、西洋の近代的な建築様式と伝統的な和様式が融合した大正建築の粋を集めた貴重な建築物として、昭和59年に国の重要文化財に指定されている。 (山口県庁の門を入っていって、右の方に行くとある。)

県庁舎と議会棟の一体現存事例は、全国でも2例しかないよう。

旧県会議事堂は上から見ると建物が「山」という形、隣にある旧県庁舎は「口」という形をしている。 つまり上から見ると「山口」と見えるようになっている。

住  所山口市滝町1番1号
開館時間9時~16時30分
入 館 料無料
閉 館 日毎週月曜日、祝日(ただし、5月5日、11月3日は開館)
年末年始(12月28日~1月4日)
アクセス県庁前下車徒歩1分(バス利用)
駐車場:有り(無料)
地  図『山口市を観光しよう!』のページにマップあり
旧県会議事堂のドラマチックトーン

旧県会議事堂のドラマチックトーン

オリンパスのカメラには、ドラマチックトーンというアートフィルターがある。

こういった昔の建築物の写真にドラマチックトーンを使うといい感じになる。

オリンパスのドラマチックトーン

オリンパスのドラマチックトーン

この県会議事堂の写真もドラマチックトーンでいい感じになった。

御影石の柱

花崗岩(御影石)の柱

入口にある花崗岩の柱には、かわいい花の印がある。

入口

旧県会議事堂の入口

旧県会議事堂があるのは知っていたが、入ったことはなかった。

入っていいのか一旦躊躇するが、看板があったので入っても大丈夫。

そして無料。 駐車場(無料)も旧県会議事堂のすぐ前にある。

旧県会議事堂は入口を中心に左右対称の造りになっている。

玄関ホール

玄関ホール

入口を入ると別世界。

色々と見どころがあるみたいだけど、素人にはよく分からない。

お願いしたら説明してもらえるみたい。 入って右側に事務室がある。

パンフレットが置いてあるので、それを見ながら回った方が分かりやすい。

記念スタンプも置いてある。

廊下

廊下

入口を入るとすぐ廊下に突き当たる。

順路(→)は右方面になっているが、私は知らずに左へ行ってしまった。

でも左方面から2階に順路をとった方が良かったように思う。

このページの写真は、左方面からの順路になっている。

1階には、議場・新聞記者室・公衆控室・議員控室などがある。

階段の手すり

階段の手すり

左方面に進み、突き当たりに2階に行く階段がある。

階段の手すりは、「中央塔屋」のデザインを取り入れてあるとのこと。

次の写真が、旧県会議事堂の中央塔屋。

旧県会議事堂の中央塔屋

旧県会議事堂の中央塔屋

中央の屋根に、先端が半球形、下部を直方体とした塔屋が配されているところが特徴的らしい。

山口県旧県会議事堂の2F

旧県会議事堂の知事室

知事室

2階に上がってきた。 ここは、知事室。

なんだか天井が凄い。 床にも柄が入っている。 窓は上下に開く窓。

2階には小さめの部屋が8つ横並びになっている。

旧県会議事堂の知事応接室

知事応接室

知事室の隣の部屋。 知事室と雰囲気が違う・・・。

隣の知事室が「緑の間」なら、この部屋は「赤縞の間」。 天井も1部屋ごとに違う。

旧県会議事堂の参与員室

参与員室

議員の質問などに対して答弁する知事や副知事、出納長、県の部長などが控室として利用した部屋。

部屋がたくさんあって段々どれがどの部屋か分からなくなってきた・・・。

すべての部屋は紹介しきれない。

旧県会議事堂の議長副議長室

1)議長副議長室

議長および副議長が執務した部屋。

この部屋もまたまた天井が豪華。 天井の格子になっている所を見たら凹凸の柄が入っていた。

議長副議長室の床

2)議長副議長室の床

議長副議長室の床もまた知事室の床とは違う柄が入っている。

この部屋の写真を撮っていたら、貴族が二人いた。

「なんでこんな所に貴族が?」って思ったら、たまにコスプレの人達が訪れるみたい。

知らなかったらびっくりしてしまう。

議長副議長室のヒーター

3)議長副議長室のヒーター

ヒーターだと思うけど、備え付いている物が絢爛豪華。

この扉は隣の部屋につながっている。 2階に8部屋横並びにあるが、2階の一番端にある参事会場以外は皆扉でつながっている。

議長応接室

議長応接室

議長応接室の天井も凝っている。 色々と展示してある。

小物

気持ちよさそうに風に揺れていたので撮ってみた。

何気ない小物たちもなんだか珍しい。

参事会場

参事会場

議会閉会中に緊急に審議・議決を必要とする事件が発生した際などに、議会の副議決機関として置かれた参事会が開催された部屋。

参事会場は、2階の一番端にある。 2階にある8つの部屋の中では一番大きい。

傍聴席

傍聴席・記者席

2階から数段階段を下りると議場の傍聴席・記者席がある。

入った瞬間、豪華な空間に圧倒される。 「ここはどこ?」の世界。 天井や窓が立体的な造りになっているので、重厚感がある。

見るだけでなく、中まで入ることができる。

山口県旧県会議事堂の1階

議場

議場

1階に下りてきた。 1階にある議場も中に入ることができる。

議長席・演壇

議長席・演壇

議長席・演壇の所は、入れなかった。

傍聴席の下

傍聴席の下

傍聴席の下には、照明も配置してある。

傍聴席の下にある柱

傍聴席の下にある柱

ただの柱ではなく、形や細工が見事。

どうしたらこんな柱になるのか。 現在ではなかなか見かけない。

議員控室

議員控室

入口を入って1階の右端に議員控室がある。

最後の最後まで各部屋ごとに天井の造りを変えるとは凄いこだわり・・・。

どの部屋も(外観も)細部にまでこだわって造ってあるので、隅々まで見たら色々な発見がある。 この部屋の天井も隅を見ると木彫りで凄いことになっていた。

細かな所まで妥協せず緻密に造ってある。

こういった先人たちの努力の積み重ねがあったから、今があるんだろうなあと思う。

煉瓦の部屋

煉瓦の部屋

ちょっと外に出ると煉瓦の部屋があった。

一瞬、職員さんの休憩室かと思った。

右のボロボロの煉瓦は「大正の煉瓦」で、その他は「平成の煉瓦」とのこと。

煉瓦の積み方には、イギリス積みやフランス積みなどがあり、この部屋の煉瓦はイギリス積みになっている。

以上、早足で紹介したので、すべては紹介しきれなかった。

また写真(2次元)だと、どうしても迫力が足りなくなってしまう。 是非、自身の目で一流の建築家たちの建築物を堪能して欲しい。

第二弾は、旧県会議事堂の隣にある【山口県旧県庁舎】を紹介します。